古の時代から使われていた薬草

サプリ

中年期以降の物忘れは、加齢とともに現れる症状のひとつです。それは脳の神経伝達機能の衰えが要因で、高齢になれば誰にでも起こりうることです。口コミで話題の「キオグッド顆粒」は、そうした加齢に伴う物忘れに対して、改善する効果を期待できる医薬品です。成分としてオンジが配合されており、物忘れが気になりはじめた人をサポートしてくれます。オンジは、中国北部に生息するイトヒメハギの根を乾燥したものです。オンジは「遠志」と書き、当薬を服用することで、智が増し志が強くなるとされます。遠志は「神農本草経」という古代の薬学書に記載されており、古の時代から使われていた薬草と言えます。漢方はその苦味ゆえに、苦手な人も多くいます。それに対してキオグッドは、オンジの苦みや渋みを抑え、服用しやすくなっています。それは製造元のロート製薬が、時間や温度などの抽出方法を工夫したことで実現されました。実際、キオグッドを口にした瞬間には、ほのかな甘みを感じられます。また、飲み込む際に喉につかえないよう、サラサラの顆粒状に仕上がっているのもポイントです。

アクティブで前向きな生活をサポート

脳

高齢化社会の到来は、生活習慣病などの増加をもたらしています。そのためセルフメディケーションの重要性が叫ばれており、機能性表示食品制度なども整備されてきました。その流れは医薬品にも及び、2015年度末に単味生薬製剤製造のガイドラインが策定されています。その中の一つとして、オンジを有効成分とする医薬品が口コミでも話題を集めています。期待される効果として、中年期以降の物忘れの改善がうたわれているものです。ロート製薬は漢方・生薬ブランドのメーカーとして、長年にわたり生薬研究に携わってきた実績があります。そして、新たな医薬カテゴリーにもいち早く参入しました。年間の就業者数の割合を見ると、65歳以上の就業人口が占める割合が増大しています。年齢にともなう「引退」は、もはや過去の考え方になりつつあると言えます。一方、50代を越えてくると、6割以上の人が物忘れの症状を自覚するようになります。目や耳から入る情報は、脳の中の海馬で処理されます。その情報が大脳皮質に送られ、記憶として蓄積されていきます。そして、必要に応じて神経ネットワークにより、情報のやり取りが行われるわけです。このやり取りが記憶であり、思い出す行為につながります。何らかの原因で神経機能の低下が起こると、ネットワークが正常に働かなくなるケースが出てきます。これが、物忘れと称される事態です。それでも、これまでは何の対策もできなかったのが実情です。キオグッドは、年齢と共に増える物忘れの改善効果が期待できます。当医薬品は、アクティブで前向きな生活をサポートするものです。

広告募集中